浮気の謝罪方法|手紙やメールで誠意を伝える!

uwaki_385

こんにちは!
管理人のヨシコです。

本命の恋人に浮気が発覚したら、謝罪をする必要がありますよね。とくに関係を継続していきたいのであれば、精いっぱい誠意を伝えて許してもらわなくてはなりません。

そこで、許してもらうためのポイント、手紙やメールで謝罪文を送る場合、どのような内容にすればよいのかなど、謝り方をまとめて解説していきます。

謝罪する際のポイント5つ

面と向かって謝罪する場合、以下のポイントを押さえておくと誠意が伝わりやすいです。

性別で謝り方を変える

個人差がありますが、男女はものごとの考え方・受け取り方が違う傾向にあります。よって、謝罪する相手であるパートナーの性別・性格に合わせて、謝り方を変えたほうがよいでしょう。

女性に謝罪する場合

女性は感情や共感を重視する人が多いです。よって、謝るときは感情に寄り添って、共感する内容を意識しましょう。たとえば、つぎのようなものです。

  • 「つらい思いさせて、寂しかったよね。本当にごめん。」
  • 「君をそんなに傷つけてしまって、最低なことをしたと思う。」
  • 「もう二度と、君を悲しませることはしないよ。」

男性に謝罪する場合

男性は問題の解決を優先する傾向にあります。そのため、謝るときはなにがいけなかったか、またその改善案を提案すると響きやすいでしょう。たとえば、つぎのようなものです。

  • 「連絡先を削除するから、相手とは二度と会わないよ。」
  • 「今後は誘われても、絶対に合コン行かない。」
  • 「もう男の人とはLINEを交換しないよ。」

真剣に謝罪する

本当に心から謝罪する気があるなら、彼や彼女が浮気を疑ってきたときに、茶化したり言いくるめたりしてはいけません。相手はあなたの態度を絶対に見ています。

真剣でなければ「謝っているのは口先だけで、また浮気しそう」と思われてしまい、ふたりの関係に大きな亀裂が入る可能性もあるでしょう。変な言い訳やウソを考えたりせず、正面から謝るのがベストです。

正直に話す

自分がしてしまった過ちと、浮気に至った経緯を正直に話しましょう。「一回だけだから」とか「向こうが誘ってきて、断れなかった」などと言ってゴマかすべきではありません。

相手から聞かれたことは、あまり言いたくなくても、しっかり回答しましょう。正直に話していると伝われば、相手に誠意が伝わるはずです。

言い訳をしない

問い詰められたとき、自分を正当化しようと「でも」「だから」という言葉を使ってはいけません。言い訳ばかりしていると、「反省なんてしていない」と思われてしまいます。

基本的には正直に話して、言われたことに誤りがあれば「それはしていないよ。本当に。」と真面目に返せばOKです。

逆ギレをしない

浮気をされた側はショックで感情的になったり、過去をむし返して責め立てたりするかもしれません。しかし、それを不快に感じて「そうは言ってない!」「違う!」など、ムキにならないほうがよいです。

そんなときは「そう思うのもムリはないよね、ごめん」と、言われたことを真摯に受け止め、怒りを鎮めてもらうようにしましょう。

謝罪の手紙・メールの書き方

相手と会えないためにメールで謝罪、謝罪文を提出することで誠意を伝える、という方法もあります。その際はどんな文面にすべきなのでしょうか。

手紙やメールで書くべきこと

文章で謝罪する際も、話すことは基本的に口頭での謝罪と同様です。つぎのような内容を盛り込みましょう。

  • 素直に非を認める
  • 謝罪の言葉
  • 正直に話す
  • 相手を思いやる言葉
  • 再発防止策
  • 自分はどうしたいか

謝罪文の例

◯◯へ
君が言ったとおり、浮気していたのは事実です。本当にごめんなさい。相手とは◯ヶ月前に友人の紹介で知り合い、およそ◯回ほど会ってしまいました。

◯◯という恋人がいながら、ほかの人と会っていたなんて許されないことだし、信じてくれていた◯◯を裏切り、深く傷つけることになってしまって、心から申し訳なく思っています。

結果的に浮気はしてしまったけど、◯◯のことは本当に一番大事な恋人です。だから、絶対に失いたくありません。もう絶対に傷つけないと約束します。相手の連絡先も消したので、二度と会うことはありません。

なので、これからも一緒にいてほしいです。謝られてすぐ許すなんてムリかもしれないので、聞きたいことがあればなんでも言ってね。すべて正直に話します。

こんな手紙を読んでくれてありがとう。そして、本当にごめんなさい。また一緒に話そう。

謝罪文・メールにおける注意点

謝罪は面と向かってのほうが伝わりやすいので、できれば直接が望ましいです。しかし、場合によってはパートナーがあなたと会うことを拒否して、会えないこともあるでしょう。

直接会えないときだけにする

そんなときに手紙やメールを送る方法を、選ばざるを得なくなると思われます。しかし、これらの手段で謝罪するときに注意したいのは、「文面が残る」ということ。

人によっては手紙やメールをいつまでも保管し、なにかあれば見せてくる可能性もあります。そういったリスクも考慮しておいたほうがよいでしょう。

自分の言葉にする

上記で謝罪文の例を掲載しましたが、実際に送る際は自分の言葉に変えましょう。そうしないと言葉づかいが不自然になることがありますし、ネット上の謝罪文は検索すればいくらでも見つかります。

相手が「言葉づかいがいつもと違う」と思って検索したら、文章例そのままだった・・・ということになれば、本当に謝る気があるの!?とさらなる怒りを呼んでしまうことも。

それでも許してもらえないときは?

謝罪しても、なかなか許してくれないこともあるでしょう。相手はそれだけ傷ついているので、仕方ありません。そんなときも、以下のように地道な謝罪を続けましょう。


  • 「なんで許してくれない」などと責めない
  • 引き続き真面目に謝罪を続ける
  • プレゼントを用意する

ほかには、以下の記事を参考にしてください。

浮気がバレたときの謝り方|男女別・誠意を伝えるコツ

2017.01.05

まとめ

第1項で紹介しましたが、謝罪の基本はこの5つです。また、一番重要なのは「本当に反省して、もう同じ過ちをくり返さないこと」。それを肝に銘じておいてください。


  • 性別で謝り方を変える
  • 真剣に謝罪する
  • 正直に話す
  • 言い訳をしない
  • 逆ギレをしない

夫婦関係を修復したい
離婚を考えている方