浮気調査を依頼した場合どんなことがわかる?

uwaki_376

浮気調査は探偵事務所などに依頼するのが一般的ですが、探偵はどんな情報を収集してくれるのか、疑問に思っている人もいるかもしれません。

そこで、浮気調査によってどのようなことが分かるのかを紹介したいと思います。

探偵に浮気調査を依頼すると何がわかるの?

浮気調査を依頼すると、つぎのことが判明します。これらの情報は、パートナーや浮気相手と話し合いをおこなうときなどに重要です。このほかに知りたいことがあるならば、調査できるかどうか問い合わせてみるとよいでしょう。

浮気の有無

浮気している疑惑があっても、本当にしているかはわからない。そんなとき、浮気していたら「ホテルに入る写真」などの決定的証拠。浮気していなければ、していないといえる証拠を提示してくれます。優秀な探偵であれば、「言い逃れできない証拠」を集めてくれるでしょう。

浮気している頻度

一定期間調査をすることで、どの程度の期間・間隔で浮気相手と会っているのかわかります。浮気の期間が長いほど、悪質と判断される場合が多いです。

浮気相手の所在、プロフィール

浮気している相手の人物の氏名や写真、住居や職場などを調査してくれます。多いのは、男性であれば職場の同僚や部下、水商売の女性。女性であればセールスマンや習いごとの先生などです。また、二人が密会している場所も判明します。

パートナーの所在

浮気して家に帰ってこないパートナーが、現在どこにいるかもわかります。

探偵ができないこと

2007年に「探偵業の業務の適正化に関する法律」が施行されたことで、探偵業に制限が課せられました。優良な探偵社はこの法律を遵守して調査しますが、違法な探偵は無視してトラブルになることも。そこで、探偵がやってはならないことを知っておきましょう。

  • 車にGPS発信機を取りつける
  • 浮気現場の盗聴行為
  • 身分を偽って浮気相手の戸籍情報を取得
  • 浮気相手の住むマンションのオートロックを通過して侵入
  • 別れさせ屋、復讐代行
  • 銀行、クレジット利用状況など金融機関情報の不正取得

以上のような違法行為を「できる」という探偵はキケンです。尾行調査やマンション外から部屋の明かりがついたか確認する、という程度の調査は適法なのでご安心ください。

浮気調査のメリット・デメリット

探偵に浮気調査することでどのような利点・難点があるのかをご説明します。これらをしっかり理解したうえで、依頼するかしないかを決めてもよいでしょう。

◯調査をするメリット

浮気の有無がハッキリする

浮気しているかどうかわからず、悶々と悩む必要がなくなります。たしかに事実を知るには勇気がいりますが、「浮気しているかも・・・」と悩まなくてよくなります。

慰謝料を請求できる

パートナーと浮気相手の両方から、慰謝料の請求をすることができます。これは離婚する・しないは関係ありません。浮気している証拠がないことで、泣き寝入りをしなくてよくなります。

探偵が相談にのってくれる

探偵は浮気調査・相談のプロです。現在悩んでいること、今後自分はどうすればよいのかなど、悩みを相談できます。もちろん、それに対しての解決法やアドバイスを教えてくれるでしょう。探偵業者によっては、弁護士の紹介も受けられます。

離婚交渉で有利になる

「浮気していた証拠」があると、慰謝料の請求や子どもの親権確保など離婚の話し合いで、たいへん有利に話を進めることができます。とくに効果的なのは、「探偵の調査書」。優秀な探偵は裁判に有効な証拠を把握しているので、確実に有利なものを作成してくれるでしょう。

×調査をするデメリット

費用が発生する

探偵に依頼すると、当然に費用が発生してしまいます。その代わり、自力で調査するより成功率は非常に高く、証拠の精度も高いです。また特殊な機材を使ったり、チーム行動するのでバレにくいです。

離婚する可能性がある

「浮気しているか知りたかっただけで、浮気するつもりじゃない」と関係修復を望む場合でも、証拠を前にしたら離婚する気になってしまうことがあります。

精神的な苦痛があることも

パートナーが浮気相手と過ごしている写真などを目の当たりにして、ショックを受けてしまう可能性があります。覚悟して証拠・調査報告を確認する必要があるでしょう。

夫婦関係を修復したい
離婚を考えている方