妻たちの不倫は“昼だけじゃない”!夫が気づかない実態とは

uwaki_338

こんにちは!
管理人のヨシコです。

“昼顔妻”という言葉が一時期大流行しました。ドラマの影響もあり、主婦の浮気は昼間が多いと思われていますが実際はそうではありません。

夫たちには絶対に見抜けない、実際にあった“妻たちの不倫話”を、ここでご紹介します。あなたは本当の奥さんを知っていますか? 不倫の可能性をチェックしてはいかがでしょうか。

LINEのプッシュ表示が「新着メッセージがあります」になっている

昨今の不倫の話題で欠かせない “LINE(ライン)”。不倫している人はLINEが届くと高い確率で「新着メッセージがあります」になっています。これはメッセージを通知しない設定にしている証拠。不倫相手から連絡がきたときにメッセージを見られたら困るからです。

しかし妻に「なぜ“新着メッセージがあります”という表示にしているのか?」と聞いても「不倫相手からメッセージがきたときに困るから」なんて返事は絶対にするわけがありません。


  • ママ友と集まったときに、メッセージがきて内容を読まれるのがいやだから
  • 友人と集まったときに、人の携帯のメッセージを覗き見ている人がいていやだったから
  • 子どもの学校から、他人に見られる可能性があるから個人情報保護の目的のために非表示にするように指示されている

どれも、もっともらしい言い訳ですが騙されてはいけません。不倫しているからです。

携帯をほぼ見ない、誰からも連絡がこない

夫の不倫がバレるきっかけとして、“トイレにもお風呂にも携帯を持って入るようになり、いつも誰かとLINE(ライン)している”というものがよく言われます。しかし、女性の場合はその逆パターンもあります。

夫といるときに携帯を見て、不在着信や未読メッセージがきた場合に「不倫相手からだな」と思って無視しようとしても、夫に「電話かけ直さなくていいの?」「返信しなくて大丈夫?」と言われたら困ります。

このように疑問を持たれるような行動は避けなければいけないので、最初から妻たちは“通知OFF”にするというわけです。

見慣れないアクセサリーまたは洋服、バックなどがある

妻の誕生日やクリスマス、ホワイトデーのあとにアクセサリーや洋服、バックが増えていたら要注意!不倫相手からのプレゼントの可能性大です。

よくある言い訳
・自分で買った
・友人からもらった
・フリマアプリ、オークションサイトで買った

アクセサリーや洋服、バックの値段と発売時期をネットで調べてみましょう。妻のお小遣いで買える値段ですか? 友人間でのプレゼントでやりとりするような値段でしょうか?

新発売の高級ブランド品を格安で売るような人はいないので、フリマアプリやオークションサイトで買ったといっていたら疑った方がいいでしょう。

厄介なのはアクセサリーです。バックや洋服と違ってアクセサリーそのものにブランドロゴがない場合や、ノーブランドでも高価なものがあります。

素人にアクセサリーの価値を見極めるのは非常に困難です。値段を知りたい場合には、こっそり拝借して質屋さんに鑑定してもらいましょう。鑑定後に元の場所に返すことを忘れずに!

いつの間にか太ってきた

高級フレンチや有名シェフが腕をふるう中華、格式高い日本料理に芸能人がよく行くという焼肉。美味しいものは総じてハイカロリーです。

不倫相手からのプレゼントの見抜き方を前述しましたが、そもそも“モノ”は絶対に受け取らない人もいます。そういう人は代わりに“美味しいモノ”をプレゼントとして受け取っていることが多いので必然的に太ってきてしまいます。

年に何度か友人同士で旅行に行っている

あなたも知っている友人との旅行。本当に“あなたの知っている友人”と行っていますか? またはその“友人”とはずっと一緒ですか? 子ども連れの旅行だから浮気なんてありえないと思っていませんか?

とある女性は友人との旅行の際、同じホテルの別室に不倫相手の男性を宿泊させ、友人に数時間子どもを預けひとときの情事を愉しんでいました。

友人には、ホテル内のエステやジムに行くといっていたようです。子ども連れの旅行だからといって安心してはいけません。

結婚式のあとに朝まで飲み会

昔からの友人が集まる結婚式の場合、朝方まで飲むことが恒例となっている人もいます。「今回も結婚式のあとに、いつものメンバーと朝まで飲み会」といわれたら、疑ってみてください。

飲み会を途中で抜け出して、“いつものメンバー”とホテルに行く人もいます。また最初から朝まで飲む予定ではなく、結婚式後に不倫相手とホテルで待ち合わせしている人もいます。

まとめ

男性と違って、女性の不倫や浮気が少なく思われるのは単に数が少ないからではありません。女性は徹底して不倫を隠します。男性は女性の不倫に気づけないことが多いのです。

もし少しでもパートナーの女性が怪しいと思ったら、一人で悩まずに探偵などに相談するのがオススメです。女性は、男性が思うよりもずっと敏感に相手の感情を読み取ります。

自分が疑われているかもしれないと思ったら、証拠を隠すために不倫相手と半年や1年会わなくなることも。決定的な証拠を掴みたい場合、不倫しているのかはっきりさせたい場合は、自分では何もせずにプロに頼むのが賢明です。