旦那の浮気の兆候を知る!浮気する男の特徴や浮気を見破るポイントを紹介

浮気をしているとき、特徴的なサインがあらわれることがあります。浮気の兆候チェックリストをきっかけに、そういえば…と、旦那の不審な行動に気づくことがあるかもしれません。

また浮気する男の特徴、浮気がわかったきっかけ、発覚後の対処法についても紹介します。

1. 浮気をする男の特徴

女性が好き

もともと女性が好きな男性は、やはり色々な女性に目がいきやすいです。女友達が多い場合もあります。

コミュニケーション上手で社交的

話がおもしろく、女性をよろこばせ、スムーズに口説きます。口がうまいので会話の中で当たり前のように嘘をつくことができます。色々な人と関わり交流するのが好きな場合もあります。

要領がよくマメ、気が利く

浮気をするには器用さも必要です。そのため頭の回転が早く、仕事のできる人が多いです。
こまめに連絡をし、女性がよろこぶプレゼントをする、細かい気配りをする、女性が好きそうなお店を知っているなど、女性のスマートな扱いに慣れています。メールやSNSが好きで頻繁にやっていることもあります。

お金に余裕がある

食事やプレゼント代だけでなく、人目につかないところで会うなど、不倫には何かとお金がかかります。また高収入の男性を好む女性も多いので、浮気の誘惑やチャンスが多いこともあります。

容姿がいい、モテる

やはり外見が整っていると好意を持つ女性も多いので、浮気をするチャンスが多くあります。自分に自信がある人も多いです。

好奇心が旺盛

色々な女性を知ってみたい、色んな遊びがしてみたいという欲求が強く、様々なことに興味をもち、刺激を求めています。

性欲が旺盛

性の誘惑に負けたり、妻だけでは満たせない欲求を他の女性に求めたりする場合があります。心の浮気ではなく、体だけの浮気という場合が多いです。

熱しやすく冷めやすい

新しいものが好きで、趣味や持ち物がひんぱんに変わるなど飽き性の人だと、常に新しい女性を手に入れたがる場合もあります。

2. 浮気の事実が発覚した経緯

「どんなきっかけで浮気が発覚しましたか?」というインターネットアンケート調査では、こんな結果がでています。(浮気された経験のある10代~40代女性100名 2016年)

1位:携帯を見た

他の回答にくらべて特に多いのが、スマートフォンや携帯電話を見て発覚したケースです。やはりLINEなどのメッセージからはリアルなやりとりが見れてしまえるので、はっきりした確信になります。

2位:他の人に聞かされた

共通の友人が目撃したり、知人と浮気しているなどと伝えられたりするケースは意外にも多いようです。

3位:浮気と断定できる形跡を見つけた

部屋のゴミ箱や車にあった領収書で気づいた、夫のパソコンを借りたときに女性との写真を見た、浮気相手へのメッセージが誤って送られてきたなど、女性ならではの細かいチェックで発見することがあるようです。

4位:他の女性と会っている、電話しているところを見た

街でたまたま見かけてしまった、早めに帰宅したら自宅に連れ込んでいた…など、ドラマのような言い逃れできない現場を目撃してしまったケースです。

5位:白状された

夫や彼氏が罪悪感により自分から白状したケースや、問い詰めたら認めたケースです。

6位:財布を見た

事前に言われた行き先とは違う場所の飲食店の2名分のレシートや、見知らぬお店のポイントカードなどが出てきて発覚することもあります。

3. 旦那は浮気しているか?兆候をチェック!

スマートフォン(携帯電話)の使い方が変わった

浮気しているとき、いちばん変化がでやすいのが「携帯電話の使い方」です。一緒にいるとき電話がきても出ない、通知画面を隠すなどの場合は要注意です。

特に注意すべきサイン

  • メールや電話がきても出ず、チェックを後で、または1人でしている
  • 画面を隠す、電源を切って充電しているなどの場合も要注意です。

  • スマホを家の中でも肌身離さず持ち歩く
  • 入浴時など、今まで放置していたのに急にお風呂場にまで持っていくようになったりします。

  • アドレス帳やLINEの表示名に不自然な登録名がある(苗字だけ、登録していないなど)
  • 仕事の連絡や、昔の友達などと言って浮気相手からの連絡をごまかすことがあります。

実体験の例

  • 夫がケータイの機種変更をし、放置されていた前のケータイのロックが解除されていたので見たら、しらない女性と親密なやりとりをしていた。
  • スマホで一緒に動画を見ていたとき、女性からハートつきのメッセがきた。

帰りの遅い日が増えた

残業や出張、休日出勤が増えたにもかかわらず、給料や手当が増えない場合は、注意して観察したほうがいいかもしれません。

仕事を理由に女性と会うケースは多いです。残業が本当に増えたのなら、そのぶん手当や休日出勤日が給与明細に記載され、出張費も会社から支給されているはずです。(残業代のない会社もありますが…)

もし会社の経営悪化などで残業が増えたのに給料に反映されないなら、それはそれで問題なのでくわしく話を聞く必要がありますよね。

また突然1人で出かけることや、行き先を言わずに外出することが増えた場合、ほかになにか兆候がないか?よく見ておいたほうが良いかもしれません。

実体験の例

  • 以前までは出張を嫌がっていて家を出る前はかならずボヤいていたのに、ある時からそれがなくなり妙に元気だった。スーツケースを見たらラブホテルのライターがあり、怪しいと思い調べたらクロだった。
  • 「終電に間に合わない、酔って乗り過ごした」と外泊することが増えたことが、浮気に気づいたきっかけ。

車のETCに不審な利用履歴がある

浮気相手と会うために、車を使うケースは多いです。カーナビの履歴が消えている、スキマに証拠が残っているなどの可能性があります。

その他のサイン

  • 走行距離が増えた、ガソリンの減りが早い
  • 自分でもパートナーでもない髪の毛が落ちていた

実体験の例

  • 普段車は使わない私が急用で乗ったとき、私のではない髪の毛が落ちていて、しかも夫は聴かないようなCDが置いてあった。
  • 最後に助手席に乗ったのは私だけのはずなのに、座席シートの位置が変わっていた

今までよりお金を使うようになった

浮気相手にお金を使っているなど、男性の浮気の兆候はお金に現れることがあります。怪しいと思ったら、クレジットカードの明細などを見ておかしな支出がないかチェックしてみてください。

実体験の例

  • 思い返してみると、ある時期から「お金がない、お金がない」とよく言っていた。その後スマホから浮気がわかりました。

スキンシップが減った

いつも通り優しいのに、夜の誘いが減った、または拒む場合は、注意が必要かもしれません。ただ、仕事で忙しい場合もそのような欲求は減ることがあります。そのため他のサインがないか、見きわめる必要があります。

名前を呼び間違えられた場合は、注意度が高くなります。

その他のサイン

  • 急にこちら側の予定を把握したがるようになった
  • 妻の予定にあわせて浮気相手と会う予定を立てている可能性があります。

  • こちらが出かけることに文句を言わなくなった
  • 急にプレゼントをしてくる
  • 罪悪感から妻の機嫌をとるような行動をする場合があります。

  • 急に優しくなる、または機嫌が悪くなる
  • 浮気相手とのことで一喜一憂していることが表面にでてしまう人もいます。

  • 話のつじつまが合わない
  • 行ったことのないはずの場所の話をする、見てないはずの映画やテレビ番組の話をするなどの場合は注意してください。

実体験の例

  • 平均よりも精力旺盛だった旦那。いつも旦那のほうから求めてきていたのに、それがなくなった。どうしてだろうと思っていたら浮気していた。
  • 仕事だったはずの時間帯にやっていたテレビの内容を知っていて、実は浮気相手の家に行っていたことが後からわかった。

結婚指輪を外すことがある

浮気相手と会っているとき結婚指輪を外す男性は多いです。今まで外すことのなかった結婚指輪を外して帰宅した、ネクタイの結び方が朝と変わっていたなどの場合は、注意してください。

また浮気相手の気をひくため急にファッションに気を遣うようになる、筋トレやダイエットをはじめるなどの場合もあります。

実体験の例

  • 同僚との飲み会だったはずなのに、帰ってきたら結婚指輪をしていなかった。
  • 帰宅後、夫はつけないような女性っぽいコロンのにおいがして、気づいてしまった。

その他

  • 洗濯やクリーニングを自分でやるようになった
  • 帰宅後すぐにお風呂に入る

浮気の痕跡を消すために洗濯や入浴の仕方が変わることがあります。

  • 不倫ドラマや浮気の番組をみなくなった
  • ペットに関心がなくなった

浮気を悟られないようにするためチャンネルを変える、またペットより浮気のことに夢中である場合があります。

  • 作業場や別宅、趣味のため、単身赴任などと家や部屋を借りるようになった
  • 知らない家などの鍵を持っていた

単身赴任や仕事で使うためなどの理由で、友人などと共同でマンションやアパートを借りていると、女性を連れ込みやすい状況があることになるので気をつけたほうがよいでしょう。

いくつもあてはまっている場合、より慎重にチェックする

ただし、これらの行動は「浮気をしていなくても取ることのある場合」も多いです。本当に仕事が忙しくなり、帰りが遅いだけなのかもしれません。

しかし浮気や不倫をしていた場合、兆候をチェックするため参考にできるサインです。いくつもあてはまっている場合は注意したほうが良いかもしれません。

ただ、他人のスマホやパソコンを勝手に見ても良いことはありません。もし見て何も見つからなかったとしても、勝手にスマホを見たことで言い争いになる恐れもあります

また、「浮気かも?」と思いはじめ、探れば探るほど深みにはまっていき、ほんのささいな行動も怪しく思えてしまうことがあります。そうなると精神的なストレスもかなりのものになってしまいます。神経質になりすぎ、心身を病んでしまうのは自分のためにも良くありません。

そうなる前に、どこかで吹っ切れて大きく構えるか、下記のようにプロの探偵に依頼してハッキリさせるかといった方法があります。

4. 浮気を発見したときの対処法

旦那の浮気に気づいたとき、とるべき行動があります。

浮気の証拠をつかめた場合、この先離婚するのか、または離婚せずに相手との交際をやめさせて慰謝料請求だけするのかなど、今後の方針はあなたの手の中にあります。

また、夫から離婚したいと申し入れられても、不倫をしている夫(有責配偶者)からの離婚請求は原則認められないため、離婚したくない場合でも有利な材料となります。

やり直す場合

見て見ぬふりをする

浮気した夫に非があっても、こちらが「やり直したい」と思っている場合は、特に行動を起こさない選択もあります。一時的な浮気なら、自然と終わるかもしれません。

ただ泳がせておくうちに本気に変わるような場合は注意してください。自分に対して態度がそっけなくなるなどの変化があったら気をつけてください。

「問い詰める」ことのリスク

関係悪化の可能性

浮気について責め立てたい気持ちはわかります。でも、もし誤解だったら?勝手にスマホを見たことを軽蔑されたり、信用されていないとして失望されたりする可能性があります。

怒りたい気持ちもわかりますが、怒りはパワーを消費しますし、怒ったからといって問題がすぐ解決するわけでもありません。相手を責めても何も変わらず、むしろ心が離れることも。

そうなるとこちらが辛いだけなので、難しいですが、いちど冷静になってみて、今後のことや浮気をした原因について考え、自分を見つめなおすきっかけにすると良いでしょう

怒りの感情ではなく、「信じていたのに浮気をされて悲しい」など純粋な本音を伝えると、相手は反省しやすくなります。

別れを告げられる可能性

ばれてしまったのならこれ以上一緒にはいられない、などと夫のほうから別れを告げられるかもしれません。ばれたことがきっかけに、浮気相手への気持ちが本気に変わる可能性もあります。

冷静に話し合う

話し合いをする場合は、浮気の事実、自分はどう思ったか、今後どうしたいと考えているかなどを淡々と話すと良いでしょう。

こちらが感情的になってしまうと、相手も逆ギレをするなど問題がこじれる恐れがあります。

離婚する場合

証拠を集める

慰謝料など有利に離婚を進めるためには、確実な証拠を集める必要があります。感情的になり、確実な証拠がないまま問い詰めてしまうと相手が慎重になり、証拠集めがより難しくなってしまいます。怒りたい気持ちをこらえ、証拠を取れるチャンスを待ちましょう。

また離婚について知るため、弁護士に相談することがおすすめです。市やNPO団体など無料相談できるサービスもあります。

ハッキリした証拠をつかめない場合

調査会社に依頼する

相手に気づかれないよう証拠探しをするのはとても難しいです。プロの探偵なら、高度な機械を使ってしっかりした調査がおこなえます。

また様々なケースをあつかってきた調査スタッフに相談することで、今後についての良いアドバイスももらえるでしょう

まとめ

  • 浮気のサインがいくつもある場合、より慎重にチェックする(調査会社への依頼も考える)
  • 話し合いでは怒りはおさえ、今後について冷静に考える
  • 離婚のための証拠集めは絶対に気づかれないようおこなう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加