風俗は浮気?夫が風俗に行く理由・やめさせたいときの対処法

uwaki_237

こんにちは!
管理人のヨシコです。

彼女がいる、結婚している場合でも風俗へ通う男性はいます。しかし、それは浮気にならないのでしょうか?

浮気のボーダーラインと男性が風俗へ行く理由のほか、風俗通いをやめてほしいとき、どう対処すればよいかなどを解説していきます。

風俗へ行くのは浮気になる?

浮気と感じるボーダーラインは個人で異なると思われますが、法律上はどう判断されるのでしょうか。夫が風俗へ行った場合、浮気になるのかを解説します。

浮気のボーダーラインは?

法律的には「不貞行為」=性行為があったかどうかで浮気・不倫と判断されます。よって、男性がパートナー以外の女性とキスしても、法律的には浮気になりません。

この不貞行為は、民法第770条第1項第1号「配偶者に不貞な行為があったとき」に該当し、離婚原因としても認められています。

こんな風俗店・行為は浮気になる!

通常の性行為ではなくても、「性交類似行為」として不貞行為に見なされる場合があります。どのような風俗店や行為がアウトなのか解説します。

射精を伴った行為

  • 性感マッサージ(射精があればアウト)
  • ヘルス(デリヘル/ホテヘル)
  • ソープランド

オーラルセックス

  • ピンクサロン(ピンサロ)

同性愛同士での性行為

  • ゲイ、ホモ専門風俗店

しかし、風俗が浮気になるとはいっても「証拠」を押さえるのは困難です。また、風俗嬢は商売でしていることなので、慰謝料を請求することもむずかしいでしょう。

男性は風俗が浮気と思っていない!?

法律上、風俗は浮気とみなされるとしても、男性には「風俗(プロ)であれば浮気ではないだろう」と考える人が一定数、存在します。世間的にはどう思う人が多いのでしょうか。

風俗は浮気だと思う?男女アンケート結果

インターネットリサーチ「Qzoo」のおこなった、「風俗に行くのは浮気だと思いますか?」というアンケートに対し、「浮気だと思う」と答えた男女の比率はこのようになりました。

女性 男性
20代 40.7% 22.7%
30代 44.0% 24.0%
40代 42.0% 19.3%
50代 41.3% 16.0%
60代 43.3% 19.3%
全体 42.3% 20.3%

アンケート引用元

インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2014年7/22~7/25
対象:全国20代~60代・男女ユーザー計1500人

この結果を見てみると、およそ女性4割・男性2割が「浮気だと思う」という結果に。つまり、およそ女性6割・男性8割は「風俗は浮気と思わない」ことになります。

男性が風俗はセーフと思っている理由は?

風俗がセーフと考えている男性は、つぎのように思っているのが理由のようです。

  • そこに愛はないから(気持ちはない)
  • お金を払って買っているだけだから
  • 男性にとって性行為は排泄行為と同じようなものだから

しかし、女性としては「通いつづけるうちに、風俗嬢を本気で好きになってしまうのでは?」とか、「私の気持ちも知らないで!」「性病は大丈夫なのか?」などと、不安になってしまうかもしれませんね。

彼女や妻がいる男性が風俗へ行く理由・きっかけ

男性はどういう理由やきっかけで、風俗へ行くのでしょうか。よくあるケースはつぎのとおりです。

性欲が強く、一人では物足りない

あまりに性欲が強い場合、彼女・奥さんだけでは足りず、風俗へ行くパターンもあるようです。この場合、彼女・奥さんに何度も求めては悪いから、と遠慮している可能性もあります。

彼女・妻がセックスに応じない

彼女・奥さんが性交を拒否する、もしくはセックスレス・夫婦関係の破たんで、性欲処理に風俗を利用する男性もいます。この場合「性行為できない」状況にあるので、強く咎めにくいかもしれません。

また、奥さんが妊娠していると、なかなか行為を求めにくいものです。たとえ拒否しなくても、つわりで苦しむ姿を見たり、妊娠で「母親」の体に変化したりするのを見て、躊躇することもあります。

彼女・妻以外の女性を相手にしたい

これは、一種の浮気願望のようなものです。男性は、本能的により多くの女性と交わりたいと思うものだといわれます。

そのため、奥さん・彼女のことは愛しているけれど、ほかの女性とも関係を持ってみたいと思い、風俗を利用してしまうケースです。

気分転換に利用している

非日常的な感覚を味わうため、もしくはプロのテクニックを楽しむため、利用しているパターンです。また、彼女や奥さんには内緒にしているアブノーマルな性癖などがあり、その欲を開放するために風俗やSMクラブなどを利用していることも考えられるでしょう。

この場合は浮気目的ではないことが多いですが、ハマってしまって、なかなかやめられない可能性があります。

彼に風俗をやめてほしい!対処方法5つ

世間的に風俗はセーフと考える人が多いにしても、やっぱり彼氏・旦那が風俗通いなんてイヤ!と思う女性もいらっしゃることでしょう。やめさせる方法はつぎのとおりです。

話し合いの場を持つ

単純に「やめて!」と感情的になるのではなく、「どうして風俗をやめてほしいか」をよく説明して、説得してみてください。そうすれば、彼の本音も聞くことができるはずです。

彼が「また昔みたいにキレイの努力をしてくれたら、やめる」とか、「もっとセックスの回数を増やしたい」など条件を提示したら、できる限り努力することで、彼もやめる努力をしてくれるかもしれません。

イメチェンをして魅力を高める

女性のなかには、彼氏や旦那さんと長くいたことで緊張が解けて、キレイの努力を怠ってしまう人もいます。たしかに、いつもキレイに化粧をしてオシャレをするのは大変なことです。

かといって、いつもすっぴんでだらしない格好をしていれば、「女性としての魅力」を感じなくなり、風俗や浮気・不倫をしてしまう可能性があります。

ときにはちょっとイメチェンをしてみたり、一緒に買い物へ出かけて「どんな服が似合う?」などと聞いたり、彼にとって魅力的な女性でいるように心がけてみましょう。

マンネリを解消する

彼との関係や性生活がマンネリしているのであれば、解消する努力をしてみましょう。

たとえば、彼が隠している性癖がないか聞いてみて、好きそうな態度を取ってみるとか、風俗嬢のテクニックにハマっているのであれば、そういった技術を磨くなど、「彼にまだ見せていない自分」の姿を見せれば、あなたに夢中になってくれるはずです。

性感染症に対する意識を高めてもらう

風俗へ行く本人も分かっているとは思いますが、風俗は性病・性感染症のリスクがあるということを再度認識してもらいます。

一緒に検査に行くことでその意識を高めてもらったり、「病気をもらうこともあるし、やめてほしいな」とやんわり言ってみたりしてはいかがでしょうか。

お金の管理を委ねてもらう

給料をおこづかい制にすることで、風俗に行くお金を減らすという方法です。自由にできるお金が少なくなれば、必然的に風俗通いをやめざるを得なくなります。

ただし、あまりにも縛りすぎるとケンカの元になったり、ほかのトラブルの原因になったりする可能性があるので、ほどほどがよいでしょう。

関係を修復したい方
離婚を考えている方