浮気発覚後の対処法はどうすべき?夫・妻を許すか離婚か

uwaki_233

夫や妻の浮気が発覚後、対処法は悩むところではないでしょうか。相手を許してまたやり直したいと思う方がいれば、絶対に許せないので別れたいと思う方もいらっしゃるはずです。

そこで、浮気発覚後にどう行動すればよいのか、許す場合・離婚する場合の両方について解説していきます。今後の判断の参考にしてみてはいかがでしょうか。

探偵さがしのタントくん

まずは夫婦の今後について考える

浮気が完全に確定した場合、ショックを受けて落ち込んでしまうかもしれません。しかし、このあとどうすべきかを考える必要があります。

自分はどうしたいのか?

パートナーが浮気をしていたと分かり、あなたはこれからどうしたいですか?
それによって対処が変わってきます。

あなたとしては好きな気持ちは変わらず、もしくは子どものために、やり直したいと思うでしょうか。それとも、絶対に許せなくて離婚したいと思うでしょうか。

夫・妻の浮気は本気なのか?

あなたの意思に対して、パートナーはどう思っているのでしょうか。一時の気の迷いで浮気をしてしまったのか、また浮気のつもりが本気になってしまったのでしょうか。

あなたがどうしたいか決まっていても、相手の気持ち次第では思うようにならない可能性も考えられます。その部分を本人に直接聞く必要があるでしょう。

世間的にはどう対処する夫婦が多い?

日本において離婚率は年々増加の傾向にあると言われます。ではパートナーの浮気が発覚した場合、どう対処する夫婦が多いのでしょうか。

夫が浮気した場合→許すケースが多い

理由:男性の浮気は遊びだからとガマンする女性が多い、一度は見逃す、子どものために離婚しない

妻が浮気した場合→離婚になるケースが多い

理由:女性の浮気は本気になりやすい

ほかにも、さまざまな理由で離婚を決断する夫婦がいれば、やり直す夫婦もいらっしゃるでしょう。迷ったら一人で悩まず、信頼できる親類や友人、カウンセラーなどに相談してもよいかもしれません。

浮気が発覚した際にやってはいけないこと

浮気が確定した際、つぎのような行動を取るのはNGです。スムーズに解決するためにも、グッとガマンしてください。

ヒステリックに怒鳴る

浮気していたと知ったら、その悲しみや怒りで怒鳴りたくなるかもしれません。しかし、怒鳴るとつぎのような事態になる場合があります。


  • お互いが言い争い、まともな話し合いができなくなる
  • パートナーが逆ギレしてその場を離れる、暴力を振るってくる
  • 怒鳴られたことで、あなたへの気持ちが離れてしまう

自分が悪いのに逆ギレするとは理不尽な話ですが、許してやり直す場合も、離婚を選ぶ場合も、できる限り穏便に済ませたほうがよいでしょう。

激しく問い詰める

パートナーの言い分を聞かずに問い詰めたり、事あるごとに言及したりもNGです。この場合も、つぎのように悪い方向へ進む場合があります。


  • 完全に無視して口を利かなくなる
  • うるさく言われると思い、帰ってこなくなる
  • 言われ続けることにうんざりして、また浮気に走る

こちらも逆ギレのようなものですが、文句を言われることに疲れて「自分に文句を言わない異性にすがる」ように、また浮気へ走る可能性が考えられます。

夫・妻の浮気発覚後の対処法

では、実際の対処についてお話ししていきます。許す場合と離婚する場合とで分けて解説しているので、該当するほうを参考にしてみてください。

まず、できるだけ冷静に話し合う

浮気が確定したら、パートナーと二人でじっくり話し合いましょう。ただし、前項のとおり「感情的に怒鳴る」「激しく問い詰める」はNGです。それに注意しながら、つぎのような内容を話しましょう。


  • 自分の気持ち(怒りではなく、悲しかったなどと伝える)
  • どうして浮気をしてしまったのか、原因
  • パートナーはどうしたいのか、どう思っているのか
  • 二人、または子どもを含めた家族の今後

怒鳴ったり問い詰めたりしていないのに、パートナーが逆ギレしたなどの場合、話し合いはむずかしいかもしれません。このときの相手の態度で結論を出すのもアリです。

慰謝料を請求するという選択肢も

浮気をされたら、その精神的苦痛に対し、パートナーと浮気相手に慰謝料を請求することができます。慰謝料に明確な基準はないとされますが、相場の目安は以下のとおりです。

請求できる慰謝料の目安

離婚も別居せず,夫婦関係を継続する場合 50万円~100万円
浮気が原因で別居に至った場合 100万円~200万円
浮気が原因で離婚に至った場合 200万円~300万円

出典:浮気・不倫の慰謝料の相場は?

慰謝料の請求は口頭(電話)か書面(内容証明)でおこないます。通常は交渉ののち、決裂した場合に裁判となるのが一般的です。なお、つぎの場合は請求しにくくなります。注意してください。

慰謝料の請求がむずかしいケース

  • 不倫に肉体関係がない
  • すでに夫婦関係が破たんしている
  • 不倫相手が十分な額の慰謝料を支払った場合
  • 時効が成立している(不倫の事実を認識して3年)

許してやり直す場合の対処法

パートナーを許して夫婦関係をやり直す場合、つぎのように対処するとよいでしょう。ただ、許したところでパートナーもやり直したいかどうかは別なので、その部分はよく話し合ってください。

夫婦としての決めごとをつくる

毎日何分か話す時間をつくる、毎週何曜日はかならず一緒に食事をするなど、夫婦で交流できるルールを設定してみてはいかがでしょうか。

お互いが思っていることを素直に言う

たとえば相手に不満があって浮気した、というパターンもあるでしょう。その場合「ここだけは直してほしい」などお互い言いたいことを素直に伝え、改善するように取り組むのも浮気抑止に有効です。

いちいち浮気を疑わない

一度されたら警戒すると思いますが、事あるごとに浮気を疑ったり、過度に束縛したりはNGです。反対にまた浮気へ走らせる可能性があります。絶対にバレない範囲でそっと確認する程度にしましょう。

離婚を決断する場合の対処法

まず前提として、離婚の流れについて説明します。一般に多いのが協議離婚といわれ、裁判など必要とせず離婚届の提出で済みます。離婚の場合でも、やはり話し合いが必要といえるでしょう。

離婚するにあたって話し合うべき項目


  • 離婚慰謝料
  • 財産分与
  • 親権
  • 養育費
  • 面会交流権(子どもと面会する権利)

しかし、これらの項目を決める際はトラブルになりがちです。二人で解決できれば一番ですが、裁判になる可能性も考慮したほうがよいかもしれません。離婚の流れとしてはつぎのようになっています。

夫婦で話し合い合意:協議離婚(全体約90%)
↓決裂した場合
家庭裁判所で話し合い合意:調停離婚(全体約10%)
↓決裂した場合
裁判で争い決着:裁判離婚(全体約1%)

調停離婚の場合に自分の言葉で話し合いをする自信がない、こちらにも不利な条件があるなどの場合、弁護士へ依頼するという方もいらっしゃるようです。

まとめ

浮気されて許すか離婚するか、悩んでしまう方はきっと少なくないはずです。しかし、その決断はかなり重要になります。

なかなか決断できないかもしれませんが、よくパートナーと話し合って考えてみましょう。その言動から反省しているのか、改心したようなのか、などをよくチェックすることをオススメします。