結婚16年、LINEで男性と卑猥な会話をしていた妻

uwaki_569

自分:43歳・会社員(事務職)、妻:38歳・専業主婦、子どもは長男8歳、長女5歳。私は、地元の社会福祉法人で事務職をしています。

結婚して、今年でちょうど16年になります。妻は、会社の取引先の事務職をしており、私が一目ぼれをして口説き落としました。

妻を愛していたし、自分も愛されていると思っていた

私自身は、妻を愛していました。週に1度は必ずセックスをしていました。妻とのセックスは、私にとっても妻の愛情を確認するために必要なことでした。妻を愛していたからこそ、仕事もがんばることができました。

買い物にも、いつも一緒に行っており、私自身は妻も私のことを愛してくれていると感じていました。

私自身は、妻に対して不満などは一切ありませんでした。妻も私と同じ気持ちであると、考えていました。それは、妻も普段から日常生活の出来事などを教えてくれていましたから。

そんなとき、同僚から「外勤中に、お前の奥さんがファミレスで一人で食事していたぞ!」と教えてもらいました。

そこから、「なぜ一人で外食をしているんだ?」と疑問に感じました。そのことを、帰宅してから妻に聞くと、少し慌てた様子で「ママ友とお昼ご飯を食べに行っていたの!」と教えてくれたのですが、いつも日常の出来事を教えてくれているのに、「なぜ今回は?」と不思議に思いました。

でも、「もしかしたらママ友と積もる話でもあるのだろう?」と考えたのですが、なぜかモヤモヤした思いは晴れませんでした。

ママ友と思われるLINEを見たら男性だった
どうしても、胸の中がすっきりしないために、悪いとは感じながらも、妻がお風呂に入っている最中に何度か携帯をチェックしてみました。

メールとLINEをチェックしてみましたが、私の知らない男性の名前はありませんでした。1度目のチェックの時には、怪しい人物を見つけることはできませんでした。

次の日も、妻の入浴中に2度目のチェックをしたのですが、私の知らないママ友とのLINEをチェックすると、男性とのやり取りと思われる内容が書かれていました。これで、浮気されていると確信しました。

浮気相手は、LINEの内容から出会い系サイトで知り合った男性と思われました。最近、知り合ったとは考えられない内容でした。

内容としては、具体的なプレイ内容や、「次は、こんな風に気持ちよくさせてあげる」といったことが書かれていました。

興信所を利用して証拠を集めて慰謝料を請求

LINEのチェックだけでは、完全に浮気とは断定できないので、会社の顧問弁護士に相談させていただき、興信所を紹介していただきました。

興信所では、すぐに浮気の調査を行ってもらいました。2週間目に、浮気現場の写真などの資料がすべてそろえることができました。

その後、速やかに妻と浮気相手、義両親、浮気相手の両親と兄弟を強制的に呼び出しました。妻の浮気相手には、通常よりも少し高い慰謝料を請求しました。

浮気相手の男性は、顔面蒼白でしたが、すぐに慰謝料を支払っていただきました。妻とは、離婚はしていませんが、私の言うことを絶対に聞くように命令しています。

コミュニケーションを取っていても理解できていると限らない

自分の妻が、「浮気している」ということは、自分には起きない、関係ないと考えている人もいるかもしれません。

しかし、私のように妻とコミュニケーションが取れているように感じても、実際に妻の気持ちや考えていることを理解できているかはわかりません。

しっかりと、妻の気持ちを理解して、日常生活や夫婦生活などに対する不満がないかを確認するということは、とても大切なことであると考えます。

私のように、自分で勝手に「家庭生活がうまくいっている」と思い込むことは危険であると考えます。しっかり、奥様と何事も話し合いをして共有理解を図ることはとても大切であると考えます。

関係を修復したい
離婚を考えている

浮気調査の費用を知りたい方におすすめ!
「探偵さがしのタントくん」

探偵さがしのタントくん
「探偵さがしのタントくん」は優良探偵社の中から、自分にピッタリの探偵社を2分で選定してくれる診断サービスです。無料・匿名で相談できます!いきなり探偵事務所に相談するのはハードルが高いという方はこちらの利用がおすすめです。