冗談まじりで言った言葉に動揺 | 取引先の女性と浮気したいた夫

uwaki_579

夫30歳・会社員、私26歳専業主婦、子供は居ませんでした。結婚生活3年という若い夫婦で、夫の親御さんと同居していました。

夫と結婚をしたのは職場結婚です。その後、私は退職して趣味を楽しみながら家に居ました。子供が居なくても仲は良い方だったと思います。というのも、休日はよく二人で出掛けていたからです。

遅く帰ってくる日は変に優しくなる夫

夫は友達も居ないので、休日は全て私の予定に合わせてくれました。出掛けるといってもお金のかからない近場の散歩やウインドーショッピングが主なものでした。

お互いに倹約家だったこともあり、このような休日がとても心地よかったのです。いつも私の予定に合わせるのではなく、夫が行きたいところがあれば、それを優先することもありました。

友達が居ないことや会社の人との付き合いもない人だったにもかかわらず、ある時から急に帰りが遅くなり始めました。たまには会社の人とのお酒を付き合うことも大事です。

そんなふうに私は思っていたので、それほど怪しんでいませんでした。しかし、お酒を飲んできた割にはお酒のにおいがしなかったことに不信感を抱くようになりました。

それに、遅く帰ってきた日は特に優しく感じられたのです。何となく嘘をついていてそれを隠しているように感じられました。

取引先の女性と浮気したいた夫

夫に冗談まじりに話してみたことがあります。本当はお酒を飲んできているのではなく、浮気をしてきているのじゃないかということを言ってみたのです。

私は笑いながら言ったのですが、明らかに夫は動揺しました。あまりにも動揺している様子が分かったので、これは図星だと確信したのです。

その時にもっと追求しようと思ったのですが、とりあえず様子を見ることにしました。しかし、それからというもの、夫は挙動不審になることが多かったです。

会社の取引先の人に好かれたということでした。相手は私よりも年上です。夫と同い年というところが良かったのかもしれません。気兼ねをすることなく話せるということでした。ただし、肉体関係はないと言っていました。

それでも気持ちが少しでもお相手に向いているのなら、それは浮気だと私が問い詰めたことで、夫はうなだれてしまいました。

嘘をついて裏切るような人はもう信じられない

夫は私のことを好きだと何度も言ったのですが、私は少しでも心がぐらつくような人はもう信用できなくなってしまいました。肉体関係がなかったとしても、私に嘘をついて帰りが遅くなったという点がどうしても許せなかったのです。

信用できなくなるともう信用を回復するのは難しいものがあります。私から離婚を切り出しました。

夫婦は一生を添い遂げるものです。そのため、信頼できる関係を維持しなくてはなりません。嘘をつくようなことがあったり、信頼を裏切るようなことがあったりすることはいけないと思います。

一度でも疑うようなことがあったら、すぐに確認しましょう。できるだけ冷静に話をすることが大切です。そして、自身はどうしたいのか、自分の気持ちも大切にしましょう。離婚をしたくないのなら、改善できる方法を考えることも大切だと思います。