浮気がバレたときの謝り方|男女別・誠意を伝えるコツ

uwaki_366

浮気が発覚した際、謝り方次第で今後が左右されるといっても過言ではありません。

本命の恋人に誠意を伝えて、本気で反省していることを伝える謝罪のコツを解説します。

探偵さがしのタントくん

性別によって謝り方は変えるべき?

同じ人間とはいえど、男女では考え方や生態の異なる部分がいくつもあります。よって、謝り方も工夫したほうがよいといえるでしょう。

女性に謝るなら感情を伝える!

女性は感情を重視する人が多いといわれます。よって、謝るときは「ごめん」「もうしない」だけでは「本当に悪いと思っているの!?」「誠意を感じられない!」などとより怒りを増幅させてしまうことも。

そこで、彼女や奥さんには「寂しい思いをさせてごめん、もうしないよ」とか「本当に悪いことをしたと思って反省している、傷つけてごめん」というように、感情を混ぜた謝罪が効果的といわれます。

男性に謝るなら解決策を伝える!

女性の場合と反対に、男性は感情で謝ると効果が弱いです。彼氏や旦那さんには、もう浮気をしないための改善策はこう、といった問題の解決方法を提案する謝罪がもっとも響きやすいでしょう。

たとえば「もう浮気相手と連絡しません。いま連絡先を削除するので許して」とか、「合コンに参加するのはやめます。」など、具体的にどうするかを話して謝罪するとよいです。

もっと誠意を伝える5つのポイント

前項では性別によって謝り方を変えることについて解説しましたが、プラスアルファでつぎのようなポイントを押さえておくと、より効果的です。

真剣に謝る

当然ですが怒っている相手をなだめるため、茶化したり冗談を言ったりしてゴマかすのはよくありません。本当に反省している、という誠意を伝えるのが絶対条件です。

相手の話をしっかり聞く

浮気について咎められたり、過去の話を持ち出されたりすると、ウンザリして話を聞き流してしまう人もいるでしょう。そうやって話をいい加減に流していると、女性にはバレることがあります。

耳の痛い話であっても真剣に聞き入れて、しっかり相槌を打つことで「反省して話をちゃんと聞いているみたい」と思ってもらえるはずです。

泣くのもアリ

相手に怒られたり問い詰められたりして、情けなさから泣きそうになってしまうこともあるでしょう。そんなとき、恥ずかしいからと涙をこらえる必要はありません。

大号泣でなければ、涙を流したほうが「悪いと思っているのかも」と感じられるはずです。ただし、ウソ泣きはバレると逆効果なのでやめましょう。

プレゼントを用意する

より謝罪の気持ちを伝えるため、プレゼントを用意するのもよいでしょう。ただし、モノではなくお菓子などなくなるものがオススメです。というのも手元に残るモノだと、見るたびに浮気を思い出させてしまうため。

また、手渡すタイミングを間違えると「こんなもので釣ろうと思っているの!?」とより怒らせる場合があります。相手が少し落ちついたころにそっと渡すのがよいでしょう。

第三者に代弁してもらう

本気で謝ってもなかなか許してもらえないようなら、第三者を頼る方法もあります。共通の友人がいるなら、これまでの経緯を話して「本当に反省しているから、彼女(彼)にそう伝えるのを手伝って」といいます。

そうすれば「◯◯も本当に悪いと思っているみたいで、悩みを話してきたよ。許してあげれば?」などと説得してくれるかもしれません。第三者に言われれば、「そんなに反省しているんだ」と思われやすいでことしょう。

それでも許してもらえないときは?

上記の方法を試してもなかなか許してくれない、口を利いてくれないというときは、つぎのように粘り強く謝ってみてはいかがでしょうか。

何日も真剣に謝りつづける

どれだけ怒っていても、多くの場合は時間が解決してくれます。おざなりにではなく真剣に、直接話しかけるのはもちろん、ときには電話やメール(LINE)できちんと謝りましょう。

癇に障ることを言われても、家を追い出されるなどしても、逆ギレはNGです。真剣に謝罪をつづければ、「今回だけは許してあげる」などと言ってくれるかもしれません。

別れを仄めかす手も

真面目に謝罪しつづけても、あまり効果が見られないようであれば、思い切って「浮気するなんて最低だもんね、別れを告げられても当然だよね」などと言ってみる方法もあります。

こう言われて、別れる気がないならば「別れる気はない」などと言って許してくれる可能性があります。ただし「じゃあ別れて」と言われる可能性もある、諸刃の剣だということを覚えておいてください。

まとめ

浮気というのは、した側からすれば「ほんの出来心だった」かもしれません。しかし、された側からすれば「信じた人から裏切られた」と、ドン底に落とされた気持ちになってしまうものです。

たとえ一度きりの遊びだったとしても、信じてくれていた恋人の心に大きなキズをつけたことを深く反省し、心から謝罪することで、より理想的な関係を築いていけたらよいですね。