旦那がむかつく時の対処法 | 実際にあった妻の仕返し!

uwaki_375

毎日顔を合わせる旦那がむかつく、ストレスがたまる、離婚がよぎる・・・そんなモヤモヤはありませんか?

結婚生活では喧嘩もあり、仲の良い日ばかりではありませんよね。子供の育児、家事、お金の問題、親戚づきあいなど結婚すると様々なことが発生します。

ただ、毎回イライラしてもストレスがたまるばかりです。ストレス発散が上手な人は、旦那にむかついた時どんな対処法をとっているのでしょうか。

ここでは、旦那がむかつく時の対処法と実際にあった妻の仕返しについてご紹介します。

旦那がむかつく時の対処法

友達やママ友と会う

友達と話すだけでも気がまぎれ気分転換することができます。また、同じような境遇のママ友に悩みや愚痴を話せば共感してくれるでしょうし、良いアドバイスをくれるかもしれません。

ポイントは、共感してくれる人に話すことです。意見を押しつけてくる人に話すと余計ストレスがたまるためNGです。

同じ悩みをもつ人のブログや本を見る

外出が難しく友人とも会えないときは、結婚生活や子育てについてのサイトや本を読むと、共感できて楽になります。クスっと笑えるエッセイマンガもおすすめです。

夫婦や育児問題に取り組むカウンセラーのサイトも役立つことがあります。

むかついたらその場を離れる

イライラしてきたと思ったら、旦那のいない場所へ避難します。コンビニやスーパー、ベランダなど、いちど避難して気持ちが落ち着くと、解決策や自分の反省点も見えてきやすいです。

ネットやSNSで相談する、グチを書く

プライバシーはわからないよう、不満などをSNSや日記でつぶやくとストレス発散になります。優しいコメントをもらえると励ましになります。

書くことで問題が整理され、解決策が浮かぶことも。質問サイトへの相談では、親身に回答をくれる人もいます。

適度にあきらめる、スルーする

相手に完ぺきを求めることはあきらめましょう。そもそも生まれも育ちもちがう人間、さらに性別も違う男女が共に暮らすだけでも大変なことです。

「この人はこういう人」と思って対応すると、ラクになります。適度に良い部分だけ見るようにするのも1つの方法です。

旦那に内緒でプチ贅沢をする

旦那に内緒で、普段は食べないような食事や欲しかった物を買うなど、プチ贅沢をしてストレスを発散してみるのも良いでしょう。

ただし、家計に影響が出ない範囲で・・・

お笑い番組やバラエティを一緒に見る

単純な方法ですが、ケンカのときテレビでおもしろい番組が流れて思わず笑ってしまい、自然と仲直りできたという人もいます。笑うことで気分はかなり変わります。

旦那にむかついた妻の仕返し!

  • 弁当を超かわいいキャラ弁にする
  • 熟睡を狙って鼻の下、股間に塗る湿布薬を塗る
  • 瓶のお酒を飲んでいるなら水を足す
  • 爆睡中に鼻の穴や奥歯に正露丸を詰める
  • 自分と子供は美味しいものを食べて旦那は手抜き料理
  • おにぎりの具にキットカット
  • 無視か、近寄って来たときにパっと離れる
  • 洗濯物をタンスにしまうときにグシャグシャにいれる
  • コーヒーをいれるとき、小さいコップで文句言われない程度に濃いのをいれる
  • 旦那より先に家を出るときにわざと旦那の靴を蹴ってから行く
  • 靴を左右逆に置く
  • 旦那の枕を踏む
  • 寝坊したフリして、朝はギリギリまで起こさない
  • 靴下に小石をいれる
  • 靴下を全部裏表逆にたたんでおく
  • メガネに指紋をいっぱいつける

【年代別】旦那にむかつく時

新婚の場合

  • 環境の変化によるストレス
  • 結婚式などの様々な準備、手続き

同居や家事分担など環境が変わるとストレスがたまり、旦那にむかつくことがあります。親戚づきあいもあり、今までは見えなかった旦那の面が見えてくる時期でもあります。

妊娠、子育て中

  • 家事、育児を手伝わない
  • 妊娠中の辛さの無理解
  • 子育て方針の違い

仕事が大変なのはわかるけど、自分は飲み会ばかりでまったく育児をしない、ねぎらいの言葉もないとむかついてきます。

また妊娠中の不調は人それぞれなのに、「友人の妻は毎日家事してたからお前もできるだろ」などと言う夫もいるようです。

定年退職後

  • 1日家にいるのに家事や介護を手伝わない
  • 今までの生活ペースを乱される

急に旦那が毎日家にいるようになり、今まで通り外出しようとすると「どこに行く?帰りは?俺の食事は?」と干渉されたり身勝手な行動をされたりして、ストレスをためる妻は多いです。こじれると熟年離婚になる可能性もあります。

「夫の退職と同時に主婦も定年退職しますと宣言し、家事を分担するようにした」という意見も。

まとめ

多くの場合、旦那が自分を怒らせるのではなく、旦那が悪気なくやった行動を見て、「なんで○○しないの、○○はおかしい」などと、自分で自分の状態を悪くしてしまっているケースは多いです。

考え方や受け取り方次第で、毎回イライラするのを防ぐことはできます。

いちどきりの人生、笑って楽しく過ごせる日を少しでも増やしたいですよね。嫌なことがあったとき、それが起きる原因は? 改善するために何ができるか? 考え、現状を変えるための行動を自分からとっていくことが大切です。