浮気メールを発見!どんな内容が証拠として有効?

uwaki_308

ふと目に入った夫の携帯電話にあやしいラインの連絡通知。携帯をのぞき見たら、肉体関係を感じさせる相手からのメール・・・。そんな証拠を目にしたら、浮気の可能性を考えますよね。

しかし、いくら親密な様子のメールやLINEであっても、すべてが浮気の証拠と認められるわけではありません。どのような内容だと証拠能力を認められる可能性が高いのか、解説していきます。

探偵さがしのタントくん

メールは浮気の証拠になりにくい?

ハートマークつきで、あきらかにラブラブなやり取りをしているとしても、それは浮気の明確な証拠にならない場合があります。

メールは証拠と認められにくい?

一般論でいえば「異性とメールをしたらアウト」とか「一緒に出かけたらアウト」など、人によってここから浮気、というボーダーラインはさまざまだと思います。

しかし法律的にいえば「浮気=不貞行為(パートナー以外の相手と性行為に及んだ)をした」が絶対条件。それが明確に分かる証拠でないと、証拠能力を認められません。

メールが証拠と認められにくい理由

浮気相手と思われる異性との「好きだよ」「また会いたい」といったメールは、浮気を疑うには十分な材料といえます。しかし、つぎのような理由から法的な証拠として認められにくいです。

  • 「仲のいい友だち」「冗談で言った」などの言い訳でゴマかせてしまう
  • メールから不貞行為の有無まで判断しにくい
  • 加工などでねつ造できてしまう

かといって「メールが絶対に浮気の証拠と認められない」わけではありません。場合によっては、慰謝料請求や離婚裁判などで有利になる可能性があるのです。以下で説明します。

証拠になる可能性のあるメールとは?

前項で解説したように、法律的には「不貞行為の有無」を判断できるものが証拠と認められます。では、具体的にどのようなものが望ましいのでしょうか。

不貞行為が確実な添付ファイル

メールに二人でホテルと過ごしている写真や、二人が性行為に及ぶ様子の写真・動画などが添付されていた場合、かなり強い証拠になります。

ほかの証拠との組み合わせ

内容の弱いメールだったとしても、写真やGPSによる追跡など、ほかの証拠との組み合わせによっては、有効な証拠と認められる場合もあります。

また、当人が浮気をしたことを認めていれば、それ自体が証拠になります。そうなれば、メールも十分な証拠のひとつとして認められるでしょう。

浮気メールを見つけたときの対処方法

証拠になるかどうかは置いておいて、のぞき見たときなどに怪しいメールがあったら、本人が削除してしまう前に保存しておくのが望ましいです。

自分宛てに転送

浮気相手とのやり取りと思われるメールを、そのまま自分に転送する方法です。ただし、転送したあとは「送信済みメール」から自分へ送った履歴を消去するのを忘れないでください。

写真で撮影して保存

転送したうえで写真に残せば、「証拠偽造ではない」という証明になりますデジカメもしくは自身の携帯を使って、パートナーの携帯ごと撮影しておくとよいでしょう。

また、その携帯電話がパートナー本人のものという証拠として、本人の携帯番号が見える表示にした写真も残しておくのがオススメです。基本的には、以下のようなデータを残しておいてください。

  • 誰の携帯か分かるような写真
  • いつ受信したメールか?
  • 送信元は誰か?
  • どのような内容か?

SDカードなどに保存

写真で撮影する方法のほか、ガラケーやAndroidのスマホなら、SDカードなど外部に保存しておく方法もあります。iPhoneならパソコンに接続すれば、パソコンやUSBメモリに保存できるでしょう。

写真を撮影したうえで、さらに外部へも保存しておけば、より確実に証拠を残しておけます。

注意!こんな調査は違法になるかも

浮気していないかと携帯をのぞき見たり、遠隔操作アプリのインストールを検討したりする人もいるかもしれません。しかし、その行動は違法になる可能性があります。

不正ログインしてメール閲覧

最近はスマホで携帯会社の提供するメールではなく、GmailやYahooメールなどのフリーメールをメインに利用している人が増えています。

しかし、このようにログインが必要なアプリに第三者がログインをおこなうことは「不正アクセス禁止法違反」です。ちょっとのぞき見ただけでも犯罪になるので注意してください。

遠隔操作アプリで監視

スマホの遠隔操作アプリとは、それをインストールした端末の現在位置や電話・メールの送受信履歴、中身などすべてをパソコンなどから閲覧できるアプリです。

もともとスマホ紛失用アプリでしたが、その機能から恋人の監視に使う人もいるようです。しかし、これらのアプリを本人の同意なくインストールするのは「不正指令電磁的記録供用罪」にあたります。

まとめ

このように、メールだけでは浮気の証拠として少し弱いです。浮気していることがほぼ確実ということであれば、可能な範囲でできる限り証拠集めをしたほうがよいでしょう。

決定的な証拠がない状態で問い詰めても当人が浮気を認めない、逆ギレして話し合いが進まない、ということも予想されます。なかなか証拠が掴めないときは、探偵などに依頼するのもアリかもしれません。