浮気した恋人と復縁したい!関係を修復する方法

uwaki_397

彼氏・彼女の浮気が発覚して別れたものの、やっぱり相手のことが忘れられない。しかし、どうすれば関係をやり直せるだろう?気持ちを取り戻せるだろうか?など不安は多いことでしょう。

そこで、復縁しやすい条件や関係を修復できる可能性がある方法を解説します。関係を修復することで自分はどうしたいのかよく考え、実行するかどうか決断してください。

復縁が成功しやすい条件とは?

浮気で破局したカップルは、その原因や状況などがそれぞれです。どのような条件に当てはまると復縁しやすいのかを挙げていきます。

本命はあなただけ

体目的での浮気にあり、本命はあなたのまま変わっていない。しかし、別れることになってしまった。そのような場合は復縁したい気持ちが強いはずです。

浮気相手とは縁を切った

浮気相手とは体だけの関係であっても、本気になっていたとしても、その相手とケンカ別れしたら、同時に交際していたあなたのほうがよかった・・・と考えるのではないでしょうか。

ある程度の交際期間がある

1~2年程度の交際期間であれば、お互いに情や離れがたさがあるでしょう。そのため、別れてからもお互いに相手のことを思い出しやすいはずです。

復縁したいときの対処方法

では、復縁したいときにどうすればよいのか、具体的に解説していきます。

浮気した原因を改善する

浮気の原因があなたにもあると主張した場合、それを改善することで、また浮気してしまうのを防ぐことができるはずです。

すれ違いが原因の場合

忙しさや距離の関係であまり会えなかった、構ってもらえずさみしかった、などの理由で浮気した場合、少しの時間でも会えるように、生活環境などを変えるなどの努力が必要です。

あなたへの不満が原因の場合

たとえば、肥満や身だしなみの手抜きなどで魅力が減ったということなら、改善しましょう。また束縛などが嫌だったというのであれば、接し方を改めるようにしてみてください。

冷却期間を設ける

一時的にこちらからの連絡を断って会わないようにしてみましょう。そうすることで相手は反省して冷静になれるでしょうし、お互い頭の中を整理できて、大事なことを客観的に考えられるはずです。

そのうえであなたのことが大事だと思う場合、向こうから連絡が来る可能性があります。この期間は短すぎると意味がないので、1~3ヶ月程度設けるとよいでしょう。

共通の友人に頼る

復縁したい元恋人との間に共通の友人がいれば、自分の気持ちと悩みを相談してみるのもよいでしょう。話すことで気分的にも楽になりますし、協力してくれるかもしれません。

実際、共通の友人に話したことで「あなたのことをいまでも大切に思っているよ」と説得してくれて、復縁できた人もいるそうです。

思い出の場所でデートする

はじめてデートした場所、もしくは思い入れのあるお店でもいいです。一緒に過ごした楽しい思い出がある場所を、また二人で訪れてみてはいかがでしょうか。

「あのとき、こんなことがあったよね」などと思い出話に花が咲くでしょうし、二人の関係を再確認することにも繋がるはずです。

復縁したいときにしてはいけないこと

早くやり直したいからと焦って強引に行動してしまうと、裏目に出ることもあります。とくに、つぎのようなことは控えたほうがよいでしょう。

しつこく連絡をする

返信が遅い、もしくは来ないからと何度も電話やLINEをしたり、直接家に行ったりすると、ウンザリして逆に返事を返す気が失せる場合があります。人は迫られすぎると引いてしまいやすいです。

復縁に重要なのは、向こうから復縁してほしいと言ってもらうこと。こちらから何度も言ったところで、よくない関係になってしまう可能性があります。

都合のいい相手にならない

振り向かせたい気持ちから必要以上に甘やかしたり、尽くしたりし過ぎはいけません。好かれているからいいように扱っていいだろうとか、浮気を許してくれる、と調子に乗る可能性もあります。

あまり考えたくないですが、男性の場合は甘い言葉をかけて、体目的でキープや都合のいい相手にしようとすることも考えられるでしょう。自分勝手な誘いには応じないのが賢明です。

無視する

相手からLINEなどで連絡があり、冷却期間中だからと無視する必要はありません。無視すると、もう自分のことは眼中にないのだろう、と気持ちが離れる可能性があります。

かといって連絡が来た嬉しさから「会いたい」「好き」などと言うことなく、相手の話し方・トーンに合わせて、当たり障りのない返事をするのがベストです。

復縁が成功したときに注意したいこと

復縁できたとしても、気をつけたいことがあります。

しつこく浮気を疑わない

一度浮気した人ですから、ささいな言動が「あやしい」と感じてしまうことがあるかもしれません。しかし、そのたび「浮気してない?」と何度も言うのはNGです。

浮気していないのにずっと疑っていると、二人の仲に亀裂が入る可能性があります。確実に浮気している証拠がない限り、本人を問い詰めるのはやめたほうがよいでしょう。

厳しく束縛しない

浮気を防ぐためにと厳しいルールを設けたり、「いまどこ?なにしてるの?」と確認したり、束縛したくなってしまうかもしれません。しかし、束縛するほど自由を求めて浮気に走らせてしまいます。

一度許したら恋人を信じることも大切です。上記と同様になりますが、明確な浮気の証拠がない限りは自由にさせておきましょう。

甘やかしすぎない

恋人が不満を持って浮気しないよう、優しく接するのはよいことです。しかし、優しくするのと甘やかすのは違います。甘やかしすぎると、恋人が調子に乗って浮気に走る可能性があるのでNGです。

束縛せず甘やかさないのはむずかしいかもしれませんが、メリハリをつけてここぞというとき「言うべきことは言う」「放っておくときは放っておく」とバランスよく

まとめ

復縁は運やタイミングなどの要素もあり、意外とすぐにうまくいったり、反対に長期戦となったりすることもあるでしょう。また、相手がその気かどうかも重要です。

なかなかうまくいかないと、悩んで苦しんだり諦めたくなったりするかもしれません。しかし、縁があればまた一緒になれるし、なければそれまで、と思って行動してみてはいかがでしょうか。