浮気調査の内容は?探偵に依頼した場合

uwaki_699

探偵に浮気調査を依頼した場合、どのような内容の調査によって対象者の証拠が収集されるのかは、気になる部分でしょう。

一般的に探偵が用いる調査手法や張り込み・尾行といった概要、どのような情報を収集してくれるのかなどを解説していきます。

探偵さがしのタントくん

尾行による調査

浮気調査のメインといえば、やはり尾行です。ターゲットが浮気をしそうな日に、バレないように追跡して様子を伺います。

変装しつつ追跡

探偵はスーツというイメージは強いかもしれません。しかし実際は、会社の規定によるものの、ラフな私服で尾行や張り込みをおこなうことも多いとされます。

変装といっても着替える時間などないため、大げさなものではありません。たとえばメガネや帽子を着用したり、上着を着たり脱いだりという程度です。

複数人体制で実施

単独による尾行は非常に難易度が高いです。浮気をしている人は少なからず警戒心があります。そんななか、同一人物が一定の距離で追跡していると気づかれやすいでしょう。

そのため、業者によりますが複数人体制で交代しつつ追跡したり、ターゲットが交通機関を利用することを考慮し、徒歩部隊・車両部隊を用意したりするところもあります。

臨機応変な判断が重要

ターゲットがレストランや喫茶店などに入店した場合、店舗の客層などを考慮して外での待機かターゲットと入店するかなどを判断、行動します。

また、ターゲットがエレベーターや満員電車に乗ることもあるでしょう。その際も別の調査員とふた手に分かれる、逆に真後ろに乗るなど、臨機応変に行動します。探偵ならではの判断力といえるでしょう。

張り込みによる調査

ターゲットが建物に出入りする際、証拠を収集するために必要なのが張り込みです。おもに立ち張り・車張りの2種類があります。

立ち張り

文字どおり、外で立って張り込むことです。住宅街やホテルのロビーなど、車で張り込めない場所で目立たないように待機します。

しかし、人通りが少ない道で長時間立っていると、周辺住民の方から不審がられることも考えられます。そのため、場合によってターゲットのマンション住民を装い近づくこともあるようです。

車張り

これも文字どおり、車中から動向を監視・待機することです。後部座席の窓にカーテンやスモークを施し、そこに潜んで撮影もおこないます。

後部座席に隠れることで人目にもつきにくいです。長時間エンジンをかけていると不審に思われるため、夏場はエアコンがつけられないなど、過酷な調査になります。

内偵調査による身元確認

交際相手や配偶者といったターゲットのほか、浮気相手の身元を調査する調査もあります。この手法として用いられるのが内偵調査です。

これは、浮気相手の情報を検索したり、近所の人などに聞き込みをおこなったりして、情報収集する調査をいいます。おもに、つぎのような情報を集めます。

  • 人物像
  • 住所や居住歴
  • 学歴や職歴
  • 生活の状況
  • 思想や宗教
  • 資産

まとめ

このように、探偵はならではのスキル・手法を用いて証拠収集に励みます。尾行や撮影くらいできそう!と思いつきで自力調査をしようとする方もいるかもしれませんが、カンタンなことではないのです。

また、第三者だからこそバレずに行動できる部分もあります。怒りから早く暴こうと実行したくなる気持ちも分かりますが、バレないことが最重要なので、注意して動きましょう。