旦那の浮気の証拠集め方!慰謝料をとるには

uwaki_721

旦那が浮気しているかも?と思っても、証拠がない・・・そんな状態で問い詰めれば、過ちを認めない可能性が高いですし、より警戒されてスキがなくなるのでやってはいけません。

しかし、不貞行為があったことを証明できれば、浮気を認めさせて慰謝料請求できますし、離婚する場合は有利に進められます。そのために有効な証拠や、集め方を解説しましょう。

慰謝料請求や離婚時に有効な証拠とは?

ただのメール・LINEのやり取りなどでは、慰謝料請求や離婚の裁判で使える有力な証拠と言えません。では、どのようなものが効果的なのかを挙げていきます。

肉体関係があったと分かる交流

単純に「会いたい」「好き」など、ただ親密そうに思える程度のメールやLINEでは効果がありません。仲がいいから冗談で言っただけ、と言い訳されればそれまでです。

しかし、肉体関係があったことが明白なやり取りであれば、メールやLINEのほか、SNSなどのメッセージ、電話での通話の録音、いずれでも効果があると思われます。

肉体関係があったと分かる領収書

単に2人でレストランへ行った程度の領収書ではあまり意味がありません。ラブホテルに行って肉体関係を持ったことが明白な、領収書やカード明細などは効果的と思われます。

本人が浮気を認める録音記録

配偶者もしくは浮気相手が、浮気していたことを自白する録音の音声も効果的です。ただ、事実を認めさせて録音の許可を得るのは、むずかしいことかもしれません。

ホテルや家に出入りする写真・動画

ラブホテルや自宅、もしくは浮気相手の家に出入りするシーンを撮影した写真・動画は証拠としてかなり有力です。探偵の浮気調査でも、この証拠を入手することが重視されています。

性行為やそれに近い写真・動画

浮気相手と性行為、もしくはそれに近い行為に及んでいる最中の写真や動画であれば、不貞そのものの明確な証明なので効果的です(単なるツーショットやキス写真は効果がありません)。

ただ、これを第三者が撮影するのは困難ですから、本人が自身のスマホなどで撮影・保存していたうえで、それを盗み見て取得しなくてはなりません。

浮気調査の報告書

しっかりした探偵社であれば、浮気調査の報告書は慰謝料の請求や離婚裁判を想定して、有利になるような証拠を中心にまとめられています。これひとつあれば、裁判がスムーズに進むはずです。

ただ、探偵社にも良し悪しがあるので、まともなところを選ばないと裁判で有利な報告書ができません。探偵に依頼することを検討しているのであれば、選定は重要です。

有効な証拠の集め方

では、上記のような有効な証拠をどのように集めればよいのでしょうか。その方法とメリット・デメリットなどを解説していきます。

持ちものをチェックする

よく使うカバンや服のポケット、車やゴミ箱などをチェックして、ラブホテルの領収書など、肉体関係を証明できるような証拠が入っていないか見てみましょう。

ひとつでは効力が弱くても、複数の組み合わせによって、明確な証拠として認められる可能性があります。明確といえるものでなくても、一応写真を撮っておくとよいです。

携帯をのぞき見する

携帯やスマホに保存された写真や動画、メール・LINEなどSNSのやり取りをチェックします。気づかれないように証拠を自分のスマホに転送、もしくは撮影して保存しておきましょう。

ただし、端末にロックがかかっている場合はパスワードを知る必要があり、場合によってはのぞき見防止アプリが入っていて見られない、または見たことがバレる可能性も考えられます。

日記をつけておく

浮気したと思われる日時や不審な言動、証拠などは日記として逐一メモしておくと、のちに重要証拠となる可能性があります。頭の中を整理するのにも便利です。

浮気の証拠を集める方法!自力でできる調査

2017.04.24

尾行・張り込みをおこなう

明確な証拠のホテルや家への出入り写真などを入手するには、尾行や張り込みが必須です。しかし、向こうは少なからず警戒心があるので、面識ある人物の顔は気づきやすく、バレる可能性は高いでしょう。

自力で調査したいのであれば、友だちに依頼する方法が考えられます。ただ、急に車などに乗られれば見失いやすく、素人での調査はかなり困難です。プロである探偵への依頼が確実といえるでしょう。

慰謝料請求や離婚する場合の手順は?

慰謝料を請求する、もしくは離婚をしたいという場合、どのように対処すればよいかは、以下の記事でそれぞれくわしく解説しています。

浮気の時効|慰謝料を請求できる期間は?止められる?

2017.03.07

浮気発覚後の対処法はどうすべき?夫・妻を許すか離婚か

2016.11.15

まとめ

このように、慰謝料の請求や離婚の裁判で有利に進めるため、一番必要なのは「不貞行為に及んだことが明白である証拠」を手に入れることです。

また、証拠を入手する前にバレないことも非常に重要になります。気づかれない程度に調査をして、これ以上は難しいと思ったらプロに依頼するのも手段のひとつです。