浮気調査を依頼する探偵の選び方

浮気調査を依頼する探偵の選び方は大丈夫でしょうか?探偵会社は思っている以上に多くあり、どこが優良会社なのか判断が難しいという声を聞きます。

探偵の選び方を知っているか知らないかによって、調査費用を有効活用できるか決まります。探偵に依頼した場合の調査費用は安くありませんので、確実な選択をしたいところです。

ここでは、探偵を選ぶときの参考となる項目をご紹介します。

依頼しようとしている探偵は大丈夫?

悪徳業者
探偵業法が2007年6月1日に施行され、悪徳な探偵社はずいぶん減っていますが、残念ながら悪徳な業者はまだまだ存在しています。悪徳業者を見抜くコツをお教え致します。

探偵業法の届け出がだされてない

探偵社は、探偵業を行うにあたり、営業所ごとに管轄の警察署に届け出を出す必要があります。届け出のない探偵社は悪徳業者と思っていいでしょう。

一般的にはホームページ上に「届け出番号」が掲載されています。「探偵業届出証明書」は営業所の見やすい位置に掲示する義務があるので、無料相談のときに書類が掲示されているか確認してください。

サイトや広告のキャッチフレーズが大げさ

「全国で調査力NO.1の探偵社」「調査成功率100%の探偵社」「○○認可」など、実際とは違う内容を表示していることです。どんなに優秀な探偵社であっても、調査は人間を相手にする以上、100%の成功はありえません。

このような表現をする際には、しっかりとした証拠が必要です。証拠があるのかを確認しましょう。

契約書を交わさない

契約を行う段階で、契約書がでてこない探偵社は注意してください。営業所の届け出と同じく、探偵業法で契約書の段階で重要事項は書面を交わすことが義務づけられていますので、契約書を交わさない探偵社は非常に危険です。

契約書には支払い料金やキャンセルのことなどの重要な事項が記載されていますので、しっかりと確認することをおすすめします。

契約時の注意点

依頼する判断する基準のひとつとして、法律に基づいて契約をしているか確認する必要があります。下記の項目をクリアーしているか確認してください。

  • 事務所の所在地を確認する
  • 探偵業の届け出を行っているか、その番号を確認する
  • 法律に基づき、重要事項説明書を含む契約書類の交付があるか
  • 契約書に代表者の名前と、契約担当者の名前が記載されているか
  • 強引に契約しようとしていないか
  • 加算式料金方式(追加料金)を採用していないか確認する
  • 自社で調査を行わず下請けに丸投げしていないか確認する
  • 尾行(追跡)の回数を制限していないか。
  • 諸経費の名称を付帯費用などと、ごまかしの明記にしていないか
  • 諸経費に消費税が加算されていないか

探偵選びで重要!まとめポイント

探偵事務所の選び方5つのポイント

チェック
探偵事務所選びは「浮気の証拠をつかめるかどうか」がかかっている、重要な選択です。
無料相談して、以下のポイントをチェックしましょう。

  • 事務所に「探偵業届出証明書」がある
  • 「成功率100%」など誇大広告を出していない
  • 探偵事務所で面談を実施している
  • 親身に相談にのってくれて、質問にも回答してくれる
  • 「調査報告書」が裁判で使えるレベルのもる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加