浮気願望がある人は男女とも意外と多い!?その理由とは

uwaki_353

最近、ニュースや週刊誌で芸能人の浮気・不倫報道が多数取り上げられています。では、世間的にはどのくらいの人が浮気願望を持っているんだろう?と気になる方もいるでしょう。

そこで実際のアンケート結果から、どのくらいの男女が浮気願望を抱いた経験があるのか、またその理由はなぜか、という部分について調べてみました。

浮気願望のある男性・女性はどのくらい?

まず、どのくらいの人が浮気願望を抱いているものなのでしょうか。男女別のデータで見ていきましょう。

浮気願望のある男性の比率

結婚相談所のサンマリエが運営する婚活応援サイト「恋のビタミン」が、浮気をテーマにしたアンケート調査を実施しました。その結果が以下のとおりです。

これによれば、実行に移すかどうかは別で「浮気願望がある」と回答した人は75%という数字に。かなり多くの男性が浮気をしてみたいと思ったことがあるという結果でした。

浮気願望のある女性の比率

上記アンケートでは、女性にも調査を実施しました。結果はつぎのとおりです。

女性の回答を見ると、男性とは反対に58%と半数以上の人が浮気願望は「絶対ない」という結果に。しかし、それでいて「ある、実行した」という回答は30%。この点において男性と大差はないようです。

もちろん、このアンケートは「このとき回答した人たちの結果」であり、世間の総意ではありません。しかし、男女ともに浮気願望のある方は、意外といるのかもしれないですね。

浮気願望を抱いてしまう理由5つ

では、浮気願望があるという人たちは、なぜ浮気をしてみたいと思ったのでしょうか。その理由は

恋愛を楽しみたい

パートナーや妻(夫)と仲は悪くないものの、長くいて家族のようになってしまい、もう恋のドキドキを感じられない、倦怠期になってしまった・・・そんなとき、付き合いたての初々しさ・新鮮さを求めてしまうようです。

魅力的な人に出会った

容姿が好みとかスタイルがいい、もしくは趣味が合うなど魅力的な人に出会い、気になってしまうパターンです。パートナーに対する不満の有無は関係なく、衝動的に「好みだからどんな人か知りたい、あわよくば関係を持ちたい」と思うのでしょう。

パートナーに不満がある

たとえば、よくケンカをしてしまう、束縛してくることに疲れている、などパートナーに不満を持っているケースです。そのストレスをほかの相手に癒やしてほしい、と思ってしまうのではないでしょうか。なかには、別れて浮気相手のほうへ行きたいという人も。

禁断の関係を味わいたい

浮気や不倫とは、まさに禁断の恋です。そのスリルや背徳感から、より愛が燃え上がるといわれます。一度「禁断の関係」を味わってしまって、それ以来ノーマルな恋では満足できなくなってしまった、という人もいるようです。

性欲を解消したい

パートナーとあまり会えない、またはセックスレスになってしまった、性欲が強くて一人の相手で満足できない、などの理由で浮気願望を抱くパターン。単純にセフレがほしいという人もいるようです。

願望がありながら浮気しない理由5つ

浮気願望がある人たちで、浮気するに至らない理由はなんなのでしょうか。

パートナーを傷つる気はない

とくに男性は、本命を一番に愛しながら、浮気を遊びとして別モノで楽しむことができます。しかし、そうすれば本命のパートナーや家族が傷ついてしまうから、欲を押さえているという人もいるわけです。

チャンスがない

複数の相手から愛される、禁断の恋を味わってみたい・・・そうは思っても、実際はまわりに出会いがなかったり、仕事が忙しかったりなどの理由が重なり、するに至らないパターンです。

勇気がない

浮気は通常の恋愛と同様、気になる相手を口説いて、関係を深める必要があります。浮気性の人なら朝飯前かもしれませんが、慣れない人にはかなり勇気や度胸がいるでしょう。それに、もちろんバレれば本命から別れを突きつけられる可能性もあります。

リスクが多すぎる

浮気するには当然、浮気相手に貢いだりホテル代金などを支払ったりと、お金がかかります。とくに既婚者だと、浮気が発覚すれば家庭崩壊や慰謝料請求といった、大きな損失につながりかねません。一時の快楽とリスクが見合わないと判断するパターンです。

どうせバレるから

パートナーと同棲していたり、職場が同じだったりすると、浮気のアリバイ工作が困難です。よくある「忙しくて会えない」や「出張に行く」などの言い訳が使えないので、バレるからしないパターン。

まとめ

浮気願望のある人が多くて、ちょっとショック!と思った人もいるかもしれません。しかし、アンケートは回答者によって結果の比率にバラつきが出るものです。

自分はパートナーを信じて、浮気しないようにしよう!と思っておけばよいのではないでしょうか。お互いが浮気しないで尊敬し合える、理想的なカップル・夫婦でいられるようにしたいですね。

関係を修復したい方
離婚を考えている方