夫の浮気の原因は?よくあるケースと予防・対処方法

uwaki_168
こんにちは!
管理人のヨシコです。

夫の浮気が原因で夫婦生活が破綻してしまったという話をよく聞きます。浮気をすればどのような結果になるかわかるものだと思うのですが・・・

なぜ夫は浮気をしてしまうのでしょうか?
その原因とは何なのでしょうか?

ここでは、浮気した男性によく当てはまる原因のほかに、予防と対処の方法をご紹介します。

言動があやしいとき参考にしてみてください。

夫が浮気する原因よくある3パターン

夫が浮気をしてしまう原因として、よく挙げられるものをまとめてご紹介します。
現在の家庭の状況を鑑みると、どれに当てはまるか見えてくるかもしれません。

原因1:性欲の問題

男性は子孫繁栄の本能から、性欲を原因として浮気するケースがとくに多いです。
おもに挙げられるのが、つぎの2つになります。

もともと浮気性

浮気性はしばしば、病気と同じようなものと言われます。
本能のままに浮気をしてしまうので、本人が治そうと思っても治りにくく、くり返しがちです。

奥さんが妊娠・里帰り中

奥さんが妊娠していて性交渉ができなかったり、しばらく家にいなかったりすると、性欲のはけ口に浮気を画策する男性も多いです。
このほか自身が、出張や単身赴任で浮気というパターンもあります。

原因2:性格の問題

なかには、性格が問題で浮気や女遊びをしてしまうケースもあります。
浮気しがちな性格の一例を見ていきましょう。

ノリがよく調子に乗りやすい

ノリで行動することのある男性だと、交流会や飲み会などでテンションが上がり、そのまま女性を持ち帰り、ということもあります。
大人しく見えて、お酒を飲むと豹変する人もいるようです。

ナルシスト

ナルシストの男性は自分の魅力が分かっており、言動に自信があります。
そのため、女性からモテやすいです。
そんな男性は浮気することで「自分はこんなにモテる」と実感したがります。

飽きっぽい、スリル好き

女性に対してホレっぽく飽きやすい男性、またスリルを追求してしまう男性は、ほかの女性に流れやすくなります。

奥さんとの関係が安定してくると、その状態に飽きてしまったり、浮気して「禁断の関係」というスリルを味わいたいと思ったりするようです。

原因3:夫婦の問題

夫婦仲が悪いとか、相手に不満があるといった場合に浮気へ走ることも多いです。

奥さんに不満がある

奥さんが美の努力を怠るようになった、束縛が激しい、尻に敷かれている・・・このような原因があって、別の女性に惹かれてしまうというパターンです。

夫婦ゲンカが絶えない

事あるごとにケンカをしてしまったり、価値観や意見が合わなかったりなど、夫婦仲が冷え切っていることが原因での浮気です。

セックスレス

お互いに忙しい、マンネリになっている・・・など、さまざまな要因でセックスレスになる夫婦は、年々増加傾向にあります。
そのため、ほかで性欲処理をするしかなく、浮気に至るケースです。

すぐ実践!浮気予防・対処方法7つ

浮気しているか分からないけど予防したい! 浮気が発覚したから対処したい! そのどちらも、同様の方法で解決できる可能性があります。

夫婦ふたりの時間をつくる

共働きなどで忙しい夫婦や子育て中でも、できる限り一緒に過ごしたり、会話したりする時間を持ったほうがよいでしょう。
そうすることで仲を深め、浮気しようという気持ちを起こしにくくします。

また、なにか不満があるときなども、冷静な話し合いをして解決できるようにしておくとよいです。
溜め込むと浮気してしまうことがあるので、お互い気軽に話せる状態がベストでしょう。

夫婦のルールをつくる

たとえば「かくしごとをしない」「ケンカしてもすぐ謝る」など、仲よくするためのルールをつくってみましょう。
そうすることで、仲の悪化を防ぐことにつながります。

また「浮気したら離婚」もしくは「罰金」などのルールを設定しておけば、浮気をする気持ちを起こしにくくなることでしょう。

いたわりの気持ちを持って接する

旦那さんが働いて帰ってきたときは「お疲れさま」「いつもありがとう」など、感謝の言葉を忘れないようにすることが大切です。

一緒にいれば不満もあるでしょう。
しかし感謝を言葉にすることで、旦那さんは自分を評価してくれていると感じ、もっと努力したり、また自身も奥さんを褒めたりするようになり、仲が深まるはずです。

マンネリ解消に務める

毎日同じような生活・性生活ではお互いつまらなくなってしまいます。
たとえば、たまに普段着ないような服装をしてみるとか、旅行するとか、ちょっとした非日常で変化をつくってみましょう。

もちろん、ひとりで努力するのではありません。
ふたりで「こうしたらどうか」「ここへ行ってみよう」などと楽しんで話し合って実行するのがベストです。

共通の趣味や目標を持つ

夫婦で共通の目的に向かって努力することは連帯感につながり、浮気しようという気持ちが起こりにくくなります。

たとえば「毎週何曜日は一緒にデートしよう」とか、「何歳までにいくら貯金して旅行しよう」など、一緒にやってみよう・がんばろうと思えるものを設定してみてはいかがでしょうか。

ムダに性交渉を拒まない

体調が悪いなどの理由なら仕方ないですが、「なんとなく気乗りしない」などの理由で何度も拒むと、旦那さんはほかで性欲処理しようとする可能性があります。
セックスレスの原因にもなりかねません。可能な範囲で応えましょう。

キレイな女性でいる努力をする

美の努力はカンタンではありません。
しかし、いつもすっぴんやだらしない服装でいれば、旦那さんも女性としての魅力を感じられなくなってしまいます。

整形やエステに行くということではありません。毎日でなくてもよいので、メイクしたり服装に気を遣ったりするなど、必要最低限の努力をすればよいでしょう。

浮気に気づいたらどうすればいい?

もし旦那さんが浮気していたとき、離婚を考えますか?
それとも、許して結婚生活をつづけますか?
今後どうしたいか、よく考えてみてください。

選択肢1:離婚する

浮気や不倫は絶対に許せない! というのであれば、離婚をするという選択になるでしょう。
その場合、離婚を有利に進めるためには証拠が必要です。

自分で証拠集めするのもよいですが、尾行などは顔バレのリスクが非常に高いです。
なかなかシッポをつかめないというときは、ムリに調べて警戒されるより、プロの探偵などを雇うほうが確実でしょう。

選択肢2:許す

一度の浮気であれば「自分も悪いところがあったかもしれないから、一度はいいか」とか、「子どもがいるから離婚は避けたい」ということで、許す奥さんは多いといいます。

ただ、浮気は再犯率が高いです。
しっかりサイフのヒモをにぎったり、ルールをつくったりして、ある程度は行動制限を設けるのもよいかもしれません。

どちらも慰謝料を請求できる!

許す場合も離婚する場合も、旦那さんや浮気相手から慰謝料を請求できます。
ただし、慰謝料請求には「浮気相手と肉体関係があった」と判断できる証拠が必要です。

そこで一番強い証拠となるのが、ホテルやその出入り口での写真になります。
メールやLINEの会話は、「仲がいいだけ」「冗談で言った」など言い逃れしかねません。

しかし、決定的な写真であれば認めざるを得ないでしょう。
強い証拠を手に入れて、慰謝料をしっかりもらうのがオススメです。

夫が浮気してないか知りたい!証拠がほしい!という方

一人で悩んでいても、ただ苦しいだけです。勇気を出して相談してみたら、少し肩の荷が下りますよ。

相談先